連結納税コンサルティング

連結納税制度は、グループ企業全体を一つの納税単位とみて、法人税を申告納税する制度です。連結納税の最大のメリットは、連結グループ内に所得の発生している法人と欠損の発生している法人がある場合に、その所得と欠損を通算することにより、連結グループトータルの法人税額を減少させることができることですが、一方で一般的な単体納税の仕組みとは計算方法や申告書の書き方、申告期限や納税額の精算方法、組織再編の対応等その取扱いが異なります。ANSWERSは、これまでの経験を生かし皆さまの連結納税に対する疑問にお応えします。

連結申告書(個別帰属額の届出書含む)作成・レビュー業務

一般的な単体申告とは異なる点が多い連結申告書、個別帰属額の届出書の作成・レビューをお手伝いいたします。

連結納税導入サポート業務

連結納税の最大のメリットは、連結グループ内法人の所得の通算による納税額の圧縮ですが、デメリットもあり、連結納税をいったん始めると、簡単に取りやめることはできないため、慎重な検討が必要です。

以下のような重要事項を事前に検討し、連結納税を始めるのに最適な時期やメリット/デメリットを検討するとともに、税務当局への提出書類等も作成いたします。

  • 連結納税グループの範囲の特定
  • 各法人の将来課税所得及び欠損の発生見込み額
  • 各法人の繰越欠損金の状況
  • 連結納税開始時の時価評価の影響等

等々

連結子法人支援業務

連結納税申告をスムーズに行うためには、まず、連結グループ全社の意思の統一が重要です。連結納税を採用することについて、特に連結子法人に対し十分な説明を行い、理解を求め、連結子法人のご担当者が自己の分担をこなせるよう教育し、連結納税用のデータを取りまとめ役である連結親法人に報告する体制を整えなくてはなりません。

ANSWERSは、連結納税申告がスムーズに行えるよう、各連結子法人を中心に連結納税に係る補助・指導等をいたします。

お問合わせ

0120-000-000(平日9:00~21:00)

メールでの相談申し込み